旅行記

スポンサーリンク
旅行記

母と行く欧州 2019秋 リヨン&ウィーン①

 2019年10月5日から14日まで、フランスのリヨンとオーストリアのウィーンに行ってきました。普段、一人旅ばかりしていますが今回は母親と一緒の旅となりました。ここ数年、僕がたびたび欧州に行っていることから話の流れで一緒に行くことになった...
旅行記

僕が歩いた街 - ウィーン ②甘い7年戦争

前回 オーストリアの食べ物で最も有名なものは何であろうか。少なくとも、日本では「ザッハトルテ」がその最右翼だろう。僕が初めてザッハトルテを知ったのは小学生の頃、当時ピアノを習っていた先生にいただいた、木箱に入ったデメルのザッハトルテ...
旅行記

僕が歩いた街 ― リヨン 後編

前回  リヨンが食通に愛される街になったのは、その地理的条件も大きく影響している。 ボジョレ、ローヌ、あるいはブルゴーニュといったワイン、さらにはブレス鶏、シャロレー牛など優れた食材の産地が近隣にあり、ローヌ川とソーヌ川という2つの...
旅行記

ヴェネツィア⑪ 5つ星ホテル

前回 2017年12月30日  3日目です。最初の2泊を過ごしたリド島を離れ、この日から本当のホテルに泊まります。まずは Hotel Le Boulevarで最後の朝食です。普段朝食を食べない生活をしているのですが、朝食付きの...
旅行記

ヴェネツィア⑩ 24ユーロ

前回  共和国の繁栄を支えた海運の一端を見学し、外に出ると日も傾いてきています。シップスパビリオンのすぐ前にあるのがアルセナーレ・ディ・ヴェネツィア(ヴェネツィア海軍工廠)。中世の造船所跡で、1104年にヴェネツィア共和国によって...
旅行記

僕が歩いた街 - ウィーン ①楽聖を訪ねて

 1814年9月1日、ナポレオン戦争によって崩壊した国際秩序を回復させるための会議がはじまった。後に帝国宰相となるクレメンス・フォン・メッテルニヒが主催し、利害の衝突から議定書締結まで9ヵ月を要したこの会議をウィーン会議と呼ぶ。19世紀の...
旅行記

ヴェネツィア⑨ 黒いパスタ

前回  ドゥカーレ宮殿から外に出ると、結構な人数が入場のための列を作っていました。ハイシーズンではないとはいえ、世界的観光地。やはり行きたい場所はなるべく午前中の早い時間に行っておくことが望ましいでしょう。  ドゥカー...
旅行記

僕が歩いた街 ― リヨン 前編

美食の街、リヨン。フランス南東部に位置し、都市圏としてはパリに次ぐ規模を誇る都市だ。作家サン=テグジュペリが伯爵子息として生まれた街としても知られている。市内には彼の銅像があるほか、空港の名前にもなっている。パリからはその名の通り、パリ・...
旅行記

ヴェネツィア⑧ 共和国の面影

前回 2017年12月29日 ヴェネツィアに到着して一晩。この日から本格的に水の都を散策します。 リド島からヴァポレットで本島に移動 国の内外を問わず、どこかを訪れるときにはその場所の歴史を知っているとより重層的に...
旅行記

ヴェネツィア⑦ 到着、水の都

2017年12月28日 前回 日本の首都、の隣の千葉県にある成田空港から中東カタールを経由して約24時間、ようやく水の都の玄関口、ヴェネツィア・テッセラ空港に到着しました。ビジネスクラスを利用したとはいえ、さすがに長時間移動は...
スポンサーリンク