《雑記》Webの孤島で… 開設1ヶ月運営報告

雑記

 2019年1月1日に当ブログを開設して1ヶ月が経過しました。完全な自己満足記事ではありますが、とりあえず1ヶ月を振り返って今後の方向性についても少々考えてみたいと思います。

 当ブログはamebloやはてなブログといった既存のブログプラットフォームには乗らずに、サーバーを立て、Wordpressによって構築したものです。一般にWordpressによるブログ立ち上げは閲覧者の動線が整備されていないため、とくに初期においては非常にさみしい状況が続くとされています。ここら辺は「Wordpress 孤独」とかで検索すると、そういったブログ運営者の魂の叫びを垣間見ることができます。

 一方、既存のプラットフォームの場合はある程度横のつながりというか、そのプラットフォーム内からの流入が一定数見込めるため、立ち上げ時からそれなりの閲覧数に達するブログも少なくないともされています。

 さて、そんなwebの孤島とも言われるWordpressでブログを立ち上げた最初の1ヵ月を振り返ってみます。

Twitterフォロワー様のおかげで7000PV

 1日1記事、初年300記事を目標にしていましたが、1月の投稿は34記事となりました。毎日更新とはいきませんでしたが、帳尻を合わせるようにして最初の1ヵ月は自らに課したノルマを達成できました。質については納得いっていないところもありますが、まずは量を優先してきました。当面、この方針は維持していきます。ある程度コンテンツが溜まった段階で、全面的なリライト作業に取り掛かることもあるかと思いますが、まずは記事数の確保に集中します。

 肝心の閲覧数(PV)は、投稿数や記事内容で凹凸はあったものの1ヵ月で7000超となりました。Webの孤島であるWordpressのブログの最初の1ヵ月としては上々の滑り出しではないかと自賛しておきたいところ。

 ただ案の定、検索エンジンからの流入は極めて少なく、大半がTwitterからの流入でした。これまで好き勝手に呟いてきた僕のTiwtterアカウントをフォローしてくださっている方々ですので、僕の文にたいする耐性があったものと思われます。

 正直なところ、このTwitterからの流入がなかったら心が折れてしまっていたかもしれません。それくらい、その他のチャネルとは比べ物にならないほど多くの方々がTwitterから当ブログにいらしてくださいました。そうして積み上げられた閲覧数を心の支えに最初の1ヵ月を乗り切れました。フォロワーの皆様には心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願い申し上げます。

一方で、最初の2週間くらいはほぼ0だった検索エンジンからの流入も、徐々にではありますが、そしてTwitterからの流入に比べれば実に微々たるものではありますが、確実に増えているです。まだ日数が少なく増えていると断言するには心もとない状況ではありますが、かすかな手応えは感じています。

「いかがだったでしょうか?」ではなく…

 記事について振り返りたいと思います。

 何か文章を書くのであれば、やはり多く人に読んでもらいたい。そう考えるのは自然なことですし、もちろん僕もそう思います。今、Webの大海には超有名ブログから開設後数記事で事実上終了してしまったようなブログまで、星の数ほどのブログが存在しています。そういった先人たちの試行錯誤の結果、人を集める方法というのはある程度確立しているようです。

 僕も先人の知恵を学ぼうという程度の謙虚さは持っているので、色々調べてみましたが、そこで多く見られたキーワードは「課題解決」というものでした。

 曰く、読者は何らかの課題を解決するために検索をして、そのブログを読む。そして、その記事で課題を解決することで多くシェアされたり、固定読者化して徐々に閲覧数も上がっていく、というものです。

 こういったテンプレートに乗っかると、最終パラグラフの冒頭が「いかがだったでしょうか?」という問いかけになったりするのでしょう。

 しかし、自分自身について考えた時、見ず知らずの方々の課題を解決するよな大層な知識も見識もありませんし、知恵もありません。それについては忸怩たる思いではありますが、自らの無能を悔いるしかありません。正直なところ、多くの人が抱くであろう課題を想定して、さらにはその解決策を提示するなどという高い次元の記事を書くことは僕には難しそうです。

 そこで考えた結果、読者の皆様の暇つぶしに少しでもお役つことを目指したいと思います。世の中なにも実利がすべてではありません。ちょっとした時間をつぶしたい、気分転換したい、そんなときの選択肢の1つになることを目指すことにしました。

 そういったスタンスでこれまで書いてきたコンテンツについて、少し振り返ってみます。

暇つぶしのお供に

 ①ヴェネツィア旅行記

 2017年12月~18年1月のヴェネツィア旅行を旅行記として連載記事化しています。旅行中は動画化を前提に素材を撮影していましたが、いくつかの事情があって動画化は断念、お蔵入りになったものです。何らかの形で救済したいと思っていたので、ブログ開設を機に中長期連載の形でお披露目することにしました。

 実際に書いてみると1記事当たりの文章量はどの程度が適当なのか、といった問題や、動画化前提だったため静止画素材が思ったより少なかったこと、さらには時間が空いてしまったために記憶が曖昧になっているところが多かったりと、想像以上に書くのが難しいという事実が判明しました。

 とは言え、今のところは唯一の中長期連載記事として粛々と投稿していきたいと思っています。どこかのタイミングである程度ストックを作って、ある種の埋め草的な役割にもなってくれればいいなぁ、とは期待しています。

 ②僕が歩いた街

 さすがにヴェネツィアの話ばかりでは書いている方も、おそらく読んでいる方も飽きてしまうと思ったので、すでに動画化してある旅の中から、街というテーマでいくつかピックアップしてシリーズ化しようと考えました。第1弾はオスロでした。我ながら中々渋い選択です。

 時系列の旅行記は動画化しているため同じようなものを作っても仕方がないと思い、その街にまつわるエピソードや小ネタを集めた単発もののような形で描いています。このシリーズだけ文体も他のものとは異なっていますが、これは完全に書き手の気分転換のためです。

 見切り発車的にリヨンとウィーンの記事も書き始めましたが、それぞれ複数回になる予定で、2回目以降の投稿ができていません。思いついたものから手を付けてしまっている結果です。まずはこの2都市の記事を完結させた後、他の街についても少しずつ記事化していきたいと考えています。

搭乗記は鉄板コンテンツなのか?

 ③搭乗記

 数少ない検索流入の大半はこのカテゴリに対するものです。思った以上に、世の皆さんは機内体験に興味を持っていることが分かりました。確かにこれまで投稿した動画でもラウンジや搭乗パートの方が再生数やコメントが多い傾向にありました。

最近は飛行機に乗る機会も少ないので、当面は過去の搭乗体験の記事化がメインになりますが、検索流入の増加を狙う上でもこのカテゴリ記事も着実に増やしていきたいところです。

 ④FFP

 以前動画投稿したものを再編集したような、改定したような内容のものを「FFP概論」として、4回の連載記事で投稿しました。

 すでに数多くのFFP裏ワザ的なブログが存在しており、そういった偉大の先駆者の後追いをしては芸も能もがありません。それらFFP術とは別のアプローチで、読み物的な記事を目指しました。実用性はありません。

 今後、FFP各論として各社のFFPについての記事を書いていきたいと思いますが、やはりそこでもスタンスは変わらないと思います。多くマイルを貯める方法やお得なキャンペーン情報などは、多くのブログで展開されていますので、僕は僕で別の見方でFFPの楽しみ方を考えていきたいと思います。

 ただ、個社のFFPはそれぞれに特徴があり、それが面白さでもあるのですが、それだけに記事化は簡単ではありません。目標としては1ヵ月に1社を取り上げるくらいのペースで、自分自身や日本にゆかりのあるエアラインから扱っていきたいと思います。

 ⑤雑記

読んで字のごとく雑な記録です。そもそもこのブログ自体が雑記ではないかと言われれば反論のしようがないのですが、とりあえずこれまでに上げたカテゴリに分類されないものを雑記としています。
 火鍋に行った話から炎上したティラミス店の話、あるいは航空会社のニュース関連など、じつに雑なカテゴリーです。ただ、一番書きやすいカテゴリでもありますので、油断すると雑記ばかりになってしまう危険性があります。この記事も雑記ですし。

今後の方向性?

 とりあえず1カ月が経過し、30超の記事が溜まりました。シリーズものも出てくるなど、ある程度の方向性も見えてきた気もしますが、断言するにまだまだ量が足りません。当面はあまり深く考えずに、とりあえず書けるだけ書き続けていきたいと思います。

 100記事くらいになれば、読まれている記事、読まれていない記事、書き続けられそうな記事、もう無理な記事等々、それなりに見えてくるのではないかと思います。

 これまで当ブログに来ていただき、記事を読んでいただいた皆様には改めて御礼申し上げます。今後もなるべくさぼらず、1日1記事のペースで進めたいと思っています。早速2月に入って3日ほど投稿していませんでしたが、月末までに帳尻を合わせたいと思います。

 自分自身のための整理という意味で最初の1ヵ月を振り返りました。あまり頻繁に書いても、読者の皆様にとって楽しい内容ではないと思いますので、次の運営報告は100記事達成後くらいに書いてみたいと思います。桜が咲くころに。

コメント