首都圏と欧州直行便 ー多彩な成田、歪な羽田

雑記

首都圏と欧州を結ぶ直行便の状況を見てみます。機材の変動等もあり、正確性にはやや不安がありますが、概数としてみる分には問題がないかと思います。(なお、モスクワ、イスタンブルは含んでいません)

まず、成田空港と欧州各空港との直行便の状況です。

目的地航空会社機材座席数便数/週供給座席
ロンドン・ヒースロー(LHR)ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)787-92167
1512
ヘルシンキ(HEL)フィンエアー(AY)A350-90029772079
ヘルシンキ(HEL)日本航空(JL)787-819571365
マドリード(MAD)イベリア航空(IB)A330-20028851440
フランクフルト(FRA)日本航空(JL)787-919571365
ブリュッセル(BRU)全日本空輸(NH)787-816971183
デュッセルドルフ(DUS)全日本空輸(NH)787-921571505
チューリッヒ(ZRH)スイス・インターナショナル・エアラインズ(LX)A340-30021971533
コペンハーゲン(CPH)スカンジナビア航空(SK)A340-3002476
1482
ワルシャワ(WAR)LOTポーランド航空(LO)787-82523756
パリ(CDG)エールフランス航空(AF)777-300ER338(※)381/2967
2366
アムステルダム(AMS)KLMオランダ航空(KL)777-200ER3187
2226
ローマ(FCO)アリタリア・イタリア航空(AZ)777-20029372051
ミラン・マルペンサ(MXP)アリタリア・イタリア航空(AZ)A33025651792

かつての日本の玄関口、成田空港。じつは同一都市に複数のエアラインが飛んでいるのはヘルシンキのみという状況です。都市そのものの競争力を考えれば供給過剰に思えますが、フィンエアーのハブ&スポーク戦略が見事にはまり、欧州の玄関口として広く認識されつつあるようです。

次に、航空連合別に見てみます。

航空連合往復/週供給座席
ワンワールド337761
スターアライアンス306459
スカイチーム268435
合計8922655

意外なことに、一番供給座席数が多かったのは日本の航空会社が加盟していないスカイチームでした。加盟エアラインの多いスターアライアンスが一番少ないのことも意外です。尚、AFは777-300ERでも2種類の座席配置があり、ファーストクラスと新型ビジネスクラスを搭載した296座席のものとファーストクラスはなく、ビジネスクラスも旧型の381席の2種類のものを併用しているようです。ここでは平均値を採用しています。

AFの成田の位置づけとしては、仏領ポリネシアへのハブとしても機能してそうです。

次に新たな日本の玄関口、羽田空港です。

目的地航空会社機材座奇数便数/週供給座席
ロンドン・ヒースロー(LHR)ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)777-300ER29972093
日本航空(JL)787-816171127
777-300ER24471708
全日本空輸(NH)777-300ER21271484
パリ(CDG)エールフランス航空(AF)777-300ER29692664
777-200ER3121312
日本航空(JL)777-300ER24471708
全日本空輸(NH)787-921571505
フランクフルト(FRA)ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)747-836472578
全日本空輸(NH)777-300ER212142968
ミュンヘン(MUC)ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)A350-90029372051
全日本空輸(NH)787-921571505
合計8721703

就航値はわずか4都市で、成田の13都市と比べるとかなりさみしいものの、供給座席数は成田とほぼ同数。都市別で見ると

都市供給座席数
ロンドン6412
パリ6189
フランクフルト5546
ミュンヘン3558

こちらも意外にもロンドンが一番多いという結果になりました。乗り継ぎ拠点にするには西にありすぎますので、都市としての競争力が強いということでしょうか。また、ドイツの2都市は言うまでもなくルフトハンザの2大拠点です。日本人が多く住むデュッセルドルフ線(成田)と比べれば、トランジットへの誘導も大きな目的となっているでしょう。

アライアンス別では

アライアンス供給座席
ワンワールド6636
スターアライアンス12091
スカイチーム2976

スカイチームはAFが孤軍奮闘しており、なんとも健気です。特筆すべきはスターアライアンスでしょう。羽田発着の欧州便の約55%が同アライアンスのフライトです。ワンワールドにも日本の航空会社が加盟していることを考えれば、明らかに歪な状況です。JAL再建後に後出し的に出された8.10ペーパーや、成田縛りを無視した路線開設など、個人的にはANAの横暴は目に余るものだと思っていましたが、実際に数字として表されると改めてことの重大さを感じます。さらに、近々ANAが羽田からウィーンへの直行便を開設することになっていますので、この歪な傾向はさらに強まる見通しです。

機会があったら、関西・中部の状況も加えてもう少し考察してみます。

つづく

コメント